キャッシングあるある大事典

自分はどの金融機関を選べばよいのか?

キャッシング会社の中には大きく分けて二つの業者があります。

 

まずは皆さんもよく知っている消費者金融、もう一つは銀行系カードローンです。

 

この二つの違いをざっくりと説明すると、銀行系カードローンは総量規制対象外で消費者金融系は対象になること、銀行系カードローンの融資限度額は多めで消費者金融系はやや少なめです。

 

 

 

また、審査は銀行系カードローンは厳しめで消費者金融系はやや易しめという感じです。本当にざっくりとしていてすみません。どちらを選べば良いのかということですが、少額のお金の借入であれば、消費者金融がおすすめです。

 

というのも手軽に借入ができ、金利が多少高くても返済総額はそれほど大きくなりませんし、50万円くらいの借り入れを考えているのであれば消費者金融系でいいと思います。

 

これと逆に銀行系カードローンは金利が低く設定されていますが、その分、審査が厳しくなっています。もし今あなたが他社からの借入をしているのであれば消費者金融系でいいと思いますよ!

 

ここでワンポイントアドバイス

銀行系カードローンは金利が低く設定されているから銀行系カードローンの申込みをしてみたが審査に落とされてしまったという方、消費者金融系であれば審査に通ることがありますので諦めずチャレンジしてみてください!

 

 

万が一事故などで返済が困難になったら?

では実際に借入ができて、万が一事故などで返済が困難になったらどうするのか?

 

凄く悩む問題だと思いますが、どういう形であれ借りたお金は返済しなければなりません。

 

返済の方法は幾つかあります。入院などで収入が一時的に少なくなってしまう場合には、救済処置として働けるようになるまで利息分だけを返済していくことも可能です。

 

また、任意整理などをして負担を軽減する事は出来ますが、こちらはかなりのリスクがあります。

 

任意整理などをしてしまうと、信用情報機関に事故情報として登録されてしまい、今後ローンが数年間組めなくなりますから、自動車ローン、住宅ローンを考えている方はこの方法は取らない方が良いでしょう!

 

それでも任意整理を考えているのであればその前に、一度専門家か借り入れている金融機関に相談した方が良いかもしれません。取引年数によっては、利息分を免除され返済が全て完了するまで元金のみを分割で返済するなどの相談にも応じてくれるという話を聞いたことがあります。

 

しかし、こちらも債務整理と同じ扱いになり、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。この辺のリスクを負っても良いというのであれば一度ご相談された方がいいと思います。